40代でも遅くない!貯蓄1000万円女子を目指す♪

私が愛読している日経ウーマンという雑誌ではよく1000万円貯蓄女子という特集が組まれています。皆ものすごい高収入の女性達ではなくほとんどは手取り20万円前後の普通の(もしかしたら普通より少ない収入)働き女子の方ばかりなんですが色んなアイデアと機知に富んだ発想で楽しくあまりストレスもない感じで貯蓄&節約をなさっています。私自身は節約 も貯蓄も本当のところ苦手で使ったら働けば(稼いでおけばいい)いいという考え方なのでいつも日経ウーマンの1000万円貯蓄女子の方の記事を読んでは刺激を受け感心します。

日経ウーマンの貯蓄&節約読者体験記事にはすごいすぐに取り入れる事のできるアイデアがたくさん載っています。私はいくつか読者の方のアイデアを実際に自分の生活に取り入れちゃいました♪すっごく経済的に助かっていますしこんなアイデアがあるなんて~と満足しています♪最近もたまたまお休みの日にあっ日経ウーマン読みたい…と思って買ったら思わぬ副業を見つける事ができました。それまで私は無料のメルマガに返信するぐらいだったのにライティングの楽しさに出会えました。そしてスキマ時間を有効活用したり貯蓄0円から先月から10万円ぐらい貯蓄できるように!毎月というわけにいきませんが経済的な余裕を生活にもたらすアイデアはこれからも開拓していきたいです♪

上手にまとめ買いして、節約しよう。

節約するこつは、まとめ買いです。買い物もちょこちょこしているとついついお金を使い過ぎでしまいます。上手にまとめ買いをして、節約しましょう。

お肉は、安い時にまとめ買いして保存しておきましょう。保存の方法は、豚肉なら生姜焼きなど、下味をつけてジップロックに小分けして冷凍するとすぐに使えて便利です。

鶏肉は、鳥ハムにしたり唐揚げの下味をつけて保存すると便利です。使う用途を考えて、保存しておきましょう。牛肉も一回に使用する分を小分けして保存します。一度やってみるとかなり料理のスピードがあがります。

野菜も同じです。スープにしたりカレーなどにするなら、ミキサーで潰して保存したり、パスタソースにして保存します。

具材をそのままにして保存する方法を伝えてきましたが、調理して保存する方法もあります。例えば、コロッケや餃子、ハンバーグなど焼いたり揚げたり、蒸したり、煮たりしたものを保存することも可能です。

作って保存したもの、乾物、麺類など安い時にたくさん購入したものは、リストにして期限前に食べてしまうようにしましょう。

賞味期限、消費期限、いつ調理したものかなど、書いておくとせっかく作り置き、買い置きしたものが無駄にならずにすみます。

少し工夫するだけで、かなり節約することができます。試してみてください。

私の蓄え方式

私の貯蓄メソッドはいたって簡単です。同じ種類の透明な瓶を6個用意して、それぞれに買い出しで出たお釣りを額面のがたいにより分けて入れます。私の経験上10円玉がさほど少なく貯まりますが、それはお釣りの買い出しのやり方に個人の中毒が現れやすいので気にしてはいけません。

しかし500円玉はいよいよ滞りづらいだ。こういう貯蓄メソッドに変えてから、その影響で買い出しのやり方にも改革が出てきました。コンビニでの小さな買い出しが鎮まり、そとで外食講じる機会も減りました。1000円札を使うと自動的にお釣りはすべて貯蓄に回ってしまうので普段の買い出しにも考え行動する中毒が有りました。要求最低限の品物を買う事が多くなりましたが、その反面、近辺と出かける際や会食などでは思い切ってお金を使うことにしています。500円玉はたまるサイクルはのろいですが、貯まりだすと金額がでかいので瓶一杯までたまると津々浦々旅立ちに行けるくらいの金額になります。

外国旅立ちまでは少し難しいですが、道楽の旅立ちや写真を撮る為の装備費に取り扱うなどして充実した休みをやり過ごすことに繋がっている。ひとひとつひとつ貯蓄メソッドは違いますが、貯蓄方法の用法次第では無駄な出費を抑えて、本業にも私事の時間にもアイデアが行え、どんどん良い慣例に繋がると思います。私の貯蓄メソッドは上に上げた1例にすぎませんが、これを機に皆さんも貯蓄メソッドを見直して、ご自身に当てはまるメソッドを探し試してみるのは如何でしょうか。

夏にやる低減について

私の中で夏場というのはとにかく低減に力を入れないといけない時季だったりします。何故なら何も意識していなかったら水道額も電気代も全ての時期の中で夏場が特別陥るからだ。特に瓦斯代金に関して言えば冬場が特別要るんですが、夏はシャワーを浴びる頻度も、洗濯をやる頻度も増えますし、電気は言うまでもなく空調ですね。

またつい刺々しい賜物を買い食いしてしまう時期でもあります。外出して暑いから涼を求めてアイスや飲料を飲んでしまうし、コンビニで購入するから割高になってしまう。

だから空調は低めの気温に設定したり、寝る時はタイマーにしたり、曇りの太陽はつけずにアイスノンで凌いだりといった努力をしてある。上アイスは職業上級などが短いのでそこで購入したり、上家でカキ氷を作ったり、チューペットを固まらすといったことをせっせとしています。上水分に関しては水筒を持ち歩くため飲料を購入するのは防ぐようにしています。

魔法瓶にすると結構刺々しい状態で持ちますし、最近は実に小さくて小柄な水筒が多いので持ち運ぶのに便利だと言えます。他にも我家は夏は1間サマータイムだったりします。寝る時間を1間手早くして1間早く起き上がる。私のルームは日当たりがよく夏は日の出の間が早いし明るくなるので起きてしまうのでそうしていますが、電気代の低減にはなりますね。

食費、電気代、瓦斯お代の節約手段

私の場合は派遣に登録して勤める上に、中でも権利等も居残るわけではないので同年頃のユーザーと比較して売上は安めだ。ですが派遣ならハッキリ休日が落ちるし、コネもそれほど気にする無用ので性に合っていると思います。

それに売上が乏しいのなら支払を減らせばいいとばかりにコストダウンに励んでいます。チマチマ節約するのも私の人物では苦にならないので下手したら業績を兼ねた趣味といった感じです。

コストダウンをする際に最初にメソッドをつけたのは食費で現場にはお弁当と水筒持参、朝夕も自炊と外食はぜんぜんしません。そして元は週末にアメイジングで週間に1都度まとめ買いを決める。炊飯ケースもコストダウンの為に続行せずに蓋つきのフライパンで食べ物を炊くし、煮物も始めるし、流石焼くのも揚げるのもフライパンだ。食べ物を炊く時は2合炊いてあとは冷凍収納をしています。だから採り入れる際に領域でチンすれば一気に食べれます。

水ものは気体料金コストダウンの為に夏場でも冬季でも水出しの麦茶だ。1?の水に1バッグの麦茶を混ぜるだけでアリなので全く簡略。50バッグ入りで勤めアメイジングで148円程で売っていますのでお価格本当にリーズナブルです。それを水筒にも詰めていきます。

上電気代コストダウンの為に私の住宅にはエアコンはありません。エアコンを購入し設置する小遣いも節約で夏は実に暑いですが我慢できないほどではありません。

まめな配達

よくある対談かも知れませんが、小まめに購入をすることで、水の泡無く減額できると思います。
仕事をしていたりすると日曜日にまとめて購入をしたり行う。
それで必要以上にものを買って、腐らせたりやることもあるでしょう。

ぼくがやるのは、腐らないものは大売出しのときにまとめ買い、堕ちるものは、小まめにという購入法だ。
成分ごとに貰う売り場を決めておくというのも良いでしょう。肉はこちら、野菜はこちら、魚はこちら、という風に。
そして、あまり大切なことは多少、先までプログラムを決めておくということです。
これをしておけば、それに対して何を買えば良いか明確になります。
また、今日は何しようと苦しむこともありません。

あまり、ぼくが実践している減額法は、わかりやすさに渡り合えるだ。
これは、例えば、目の前にコンビニエンスストアや自動小売りタイミングがあっても、安易に飲料を買わず、超絶や店舗で貰うのです。
飲料を元値どおりに貰うなんて馬鹿げてると思います。

超絶なら6割から7割の価格で並べるのにもったいないと思います。
随時、超絶の前に居残る自動小売りタイミングでおんなじものが安く店内で並べるのに買い求めるヒューマンを見かけます。
意思が知れません。
ぼくからすれば、愚の骨頂だ。
それでも、売り払えるから、自動小売りタイミングが有るんでしょうが、ともかく理解できません。
細かい行いかもしれませんが、減額とは、そういうものだと思います。

人生の低減メソッド

殊更一人暮らしをしていらっしゃる顧客に取って、生活費というのは頭を悩ませる消費点の一つでは無いでしょうか。電気代も水道料金もその手のユニットはとにかくお金がかかってしまいますし、逆にお金をかけないようにと思うと義務時間をカットすることになるので暮らしに対してストレスが溜まってしまう。

ですが自身はその中でも使いながらコストダウンを噛みしめるようにしています。それは例えば便所でも水流の小を積極的に使ったり、洗濯品物の水をバス桶からつかったり、エアコンディショナーを作り上げるときはかわいく要る広間だけに限定して置きたりと、辛抱をするのではなく用法を練るようにしています。

ですがこれをすることによって消費もそれなりに変わってきました。とても水道料金は10立方メートルまでのりみたいは本質貸し賃のみで利用できるのですがひと月こういう本質貸し賃で収められるようになってきたのです。それに電気代もいとも安く抑えられて以前よりも3千円ほども安くなったのです。

おおかたチャンス的物質もあるのでは乏しいかと思いますがそれでもここまでお金が安くなるのは非常に望ましいものです。これからもコストダウン手法を見つけてドンドンと駄目の乏しいコストダウンを心がけていこうと考えています。

食費の縮小をしています。

節約の手立ては各在宅潤沢でしょうが、我々は節約の取り分け割り方やりやすい食費の節約をいまする。
食費の節約の取り分け惣菜類の節約は簡単ではないので主にお品系の節約をしていますが、ダイエットにもなって現時点いいことばかりだ。

お品系の節約は在宅があって家族がいると何だか思ったようにできませんが、菓子集団を少しずつ減らしていって減らした取り分は手作りのお品などを用意する結果今のところはぜひなっています。
子供たちにはちょっと我慢をさせることもあり不服が溢れることもたまにありますが、節約としてやる結果スウィーツを節約した取り分、貯まった資金は子供たちや家族の醍醐味のために扱うことを分かって味わう結果かりに続けてある。

幼子がいるならスウィーツを節約しなくてもほかのパートで節約すれば嬉しいじゃないかと思われそうですが、ボディにとってさほど必要ではない飯は、かりに幼子でも自分勝手与えない方がいいと思っています。
スナック菓子を減らした取り分は、手作りのホットケーキを作ったり自家製のパンを焼いたりして補っているので問題ないと思っています。
お品を節約した分強敵預金ができてきたので、このまま積み重ねるスケジュールである。

貧窮で競売展示を内心!

自身は現在27年なのですが、近所がきっかり成婚ラッシュのチャンスに入り、
ブライダルを月に二つということも多くなってきました。
本当に祝儀貧乏人という文言があるのだなとおもう程に、
月々の展示が高いので、よくよく考えてみると、
ブライダル1回だけでも5万頃の消費が加わるので、月に2回もだと10万円程の消費となり
非常にやりくりが鬱陶しいことになってしまいます。

前月ぽっきり友人のブライダルが重なり月に2回のブライダルへ参加してきたのですが、
1つの機種は遠方でブライダルが掛かるので、遠征費用も要するので、さすがに直ちにできそうなパートはないのか探してみたのですが、パートと言えど働いた分のお金が直ちに入るとは限らないので、
自身は服や漫画を競り市に出品したり、当の買い取りに出すことにしました。
最初は、思い入れのあるグッズなので、ためらっていたのですが、
約束で出品したこともあって直ちに入札も入り、展示するものを生み出す結果
内部を見つけ出しまわって撤去ができるので、一石二鳥でした。

3歳も前に買ったのに1度も使っていない靴なども住まいに眠っていたんで、
誰か充分使ってくれるやつの手法に通り過ぎると考えるとその商品にも良いのではないかと思いました。
当やCDも整理して、CDは端末に把握で入れたので、住まいが本当に片付いて利潤も直ちに手に入るだけじゃなく良かったと思います。

なんちゃって料理で楽しく食費を節約!

料理が得意な母から教わった楽しく食費を浮かせる方法があります。

もともとは高価な食材を使う料理を、違う食材を使って作る「○○もどき」、「なんちゃって料理」です。

「牡蠣フライもどき」は、牡蠣ではなく木綿豆腐と海苔佃煮を使って、牡蠣フライに似た食感と風味に仕上げることができます。

よく水切りした木綿豆腐をベースに、海苔佃煮や片栗粉を混ぜて、牡蠣と同じような形にまとめます。

そこに、小麦粉、溶き卵、パン粉、と基本的なフライを作る時の手順で衣をつけて、あとは揚げるだけです。

海苔佃煮という海の幸を使うことで、牡蠣に近い風味を出すことができます。

白い豆腐と黒い海苔によって、色合いも牡蠣そっくりにできるところが魅力です。

特別な日に食べたいうなぎの蒲焼きは、うなぎの代わりにちくわを使うと、美味しい「うなぎの蒲焼もどき」が作れます。

ちくわを縦に開いて、細かく隠し包丁を入れ、うなぎを焼く時のように竹串を打って、平らな状態にします。

白ゴマ油かサラダ油を敷いたフライパンで焼いて、タレを絡めれば出来上がりです。

タレは、醤油、砂糖、みりん、酒を合わせて自分で照り焼きダレを作ってもよいですし、市販のうなぎのタレを使えば、うなぎの風味をプラスすることができます。

「牡蠣フライもどき」と、「うなぎの蒲焼きもどき」は、自宅でも何度も作っていますが、家族に好評な「なんちゃって料理」です。

楽しく美味しく節約できる方法として、「なんちゃって料理」はおすすめできます。