私の節約・貯蓄について

私の節約方法は、小さなことからコツコツとです。

仕事に行く時、出掛ける時に必ず飲み物を持参し、自販機で購入しないことを心がけています。

その他、ATM利用時に手数料のかかる時間帯や手数料のかかる曜日などにはお金を下しません。

正直、面倒に思っているのですが、家計簿を付け、毎月いくら遣ったかを把握し、無駄な出費を見直しています。

新聞広告を見て、同じ商品なら安い物を購入しています。

よく利用している店舗では、倍デーを狙って買い物をしています。

インターネットで買い物をする時は、必ずポイントサイトを中継するか、自己アフィリOKならリンクを踏んで買い物をしています。

お金にゆとりがある時は、年金を年払いや半年払いにして、少しでも節約をしています。

貯蓄については、収入が多くない為、あまり上手くいってない気もしますが……少しでも収入を増やす為、パソコンで内職をしています。

ポイントサイトを中心にコツコツとポイントを稼いで来ましたが、労力の割に大した成果が上がらないので、最近では「ランサーズ」のタスク中心に記事を書いています。

ポイントサイトでゲームをするよりは頭を使うので、ボケ防止になるのでは? と思っています。

節約はもう十分しているので、あとは貯蓄を少しでも多くする為、収入を増やすことを第一に頑張っています。

私の節約方法をご紹介します

お金を節約するために、私は以下の方法を取りました。一言でいえば支出を大幅に減らしたことですが、その具体的な行動をご紹介させていただきます。
まず第一にタバコを辞めて、禁煙しました。1日1箱吸っているような方でしたら、禁煙パッチを薬局で買えば、禁煙できます。
これに成功すると1か月あたり1万円ちょっとの節約になります。ただし禁煙しても、お金をほかのことに使ってしまったら意味がありません。
そこで、毎月1万円を天引きで貯蓄しています。

更に禁酒をして、宝くじなどのギャンブルから足を洗いました。これだけでも、結構効果があります。
加えて外食も極力控えるようにして、食事は、店で買ってきたものを家で食べるようにしました。
また街に出た時に、休憩に喫茶店に入っていましたが、これも辞めました。確かに喫煙者であれば、タバコを吸うために喫茶店の喫煙席に行ってしまうのも仕方ありません。
しかし禁煙できておれば、喫茶店に行かなくてもちょっとしたベンチなどでくつろぐことができます。
飲み物は、家で作ったコーヒーを水筒に入れたものを携帯していれば、無料ですみます。但し夏などで、どうしてもジュースが飲みたくなることがあります。
その際には、あらかじめチェックしておいた100円で買えるチェリオの自販機を使用しています。

以上でかなり節約できますので、よろしければご参考にしてください。

独身になって節約しなきゃと実感

離婚してそろそろ8年。戸建てでの1人住まいにも慣れてきた。

1人になってまず始めたのが家計簿をつけること。

今まで家内に任せた家事の収支を確認することでした。

大まかに趣味・生活雑費・食費と分け光熱費はまた別につけることに。

趣味・生活雑費・食費だけで月にだいたい10万ぐらい使ってることが判明。

まあほとんど外食だし趣味のゴルフや釣りに行くししょうがないか。

ゴルフ行きまくる月は16万ぐらい出るときもありました。

ただ節約できそうな所は節約していこうと考えてました。

いきなりは無理なので徐々に節約するようにしました。

いま独身8年目で月に出て行く金額は光熱費除いてだいたい平均4万です。

先月は新記録で29000円でした!

8年前10万以上普通に使っていたので6万ぐらいは節約してる事になります。

まずゴルフしなくなりました。

ゴルフは練習行くと1回1000円だしコースに行けば1万以上。

その割には運動にならなしでゴルフ熱も冷めた頃きっぱりやめて変わりに山を歩くようにしました。

お金のかからない趣味に変えたんです。

山はいくら歩いても交通費と昼飯代ぐらいですから。

生活雑費に関してはある程度はしょうが無いですが服を買うことが減りました。

食費に関してはまずコンビニも含め外食しなくなりました。

自分で料理をするようになったのでかなりおさえられてます。

お弁当も持参してます。

お財布から一円も使わない日とかけっこうあります。

使わないでも生活できるようにな生活習慣に変えたのが大きいと思います。

次はなにを節約しうようかなといつも考えてます。

でもなかなかお金貯まらないんですけどね。。。

生活必需品の見直しで節約

節約と聞いて連想するのは、光熱費や食費を切り詰めて貯蓄にまわせる金額を増やすといったことを思い浮かべます。

実際のところ、収入を増やすことができなければ、支出額を減らすしか方法はありません。

色々と出費の嵩んできたこの頃、生活を改めて見直してみました。

特別なことを実行できそうもなく、ありきたりなことかもしれませんが書き出してみます。

まず光熱費関連では、水道の出しっ放しを止める、クーラーの設定温度を快適感と不快感のギリギリの温度で設定する、残り湯の洗濯での再利用等々、当たり前と言われそうですがこれらのことが現実に実行できていない生活を改めました。

食費に関しては、全てを自炊するか全てを外食や惣菜で済ますかと考えると、中途半端な自炊は割高になるということで、付き合い以外外食をやめ自炊にしました。

これらの見直しで、支出金を以前の5%くらいは減額できたと思います。

それと合わせて、貯蓄の方も現在の金利はほとんど利子があってないような状態とはいえ、若干の金利はあるので、より金利の高いものへの預け入れを図るようにしました。

単なる普通預金から定期預金、投資信託、外貨預金といった金融商品というものです。

これらをやろうと思って勉強のために色々な書籍購入等で現在はマイナス投資になっています。

いずれにせよ、色々試行錯誤して結果を想定しながら試してみることが、節約と貯蓄に繋がると思っています。

貯蓄をするなら使う目的を決めてから始めよう

私は親が商売をやっていたせいか、小さい時からお金貯める癖がありました。
商売人はケチだと良く言われますが、私の家族は無駄なものにお金は欠けず貯まったお金で、次に繋がる何かをするとう風潮がありました。
なので日頃は贅沢せずに貯金箱にせっせと500円玉貯金することも日常茶飯事なのです。
毎回買い物に行った際はなるべく大きなお札から使うようにしています。
お店側からすると迷惑なのですが、買い物で出た小銭を500円玉に制限ぜずとにかく貯金箱がいっぱいになるまで貯め込むのです。
貯金箱の大きさにもよりますが、1年間で大体15万程溜まります。
先日2年ぶりに貯金箱を解放した結果合計で30万円弱貯まっていました。
今回このお金を使ってサービスの勉強をしに行こうと決めていたので、直ぐにバンコクまでの航空券を予約し、一瞬して30万円のお金を使い切りました。
正直やることが無ければお金は貯める必要がないので、貯金なんかする必要はないと思います。
何かやりたいことや目標があるから前向きに貯金や節約が出来ると思っているので、まずはお金を貯める前に今何がやりたいのかをはっきりさせ、先に目標を設定してから貯金を始めた方がモチベーションも保てるため、思ったより早く貯まっていきます。

必要なものだけ買うとかなり節約できる。

必要としていないものを買う習慣がついている人は意外に多いのではないか。例えば服装が最もたるものだと言えるような気がする。つい店舗に入ると必要以上のものを買うことが多い。本当はTシャツを買うだけだったはずなのに帽子も買ってしまったり、店舗で展示しているからこそかっこよく見える場合もあって、自宅で着てみるとあれ?ということがままにある。また、飲料水についても節約はできる。水筒を持参し、大きなペットボトルから毎日入れることだけで、駅中の自動販売機で買うものより数倍得をする。べつにケチればいいというものではない。必要なものは買えばいい。また、部屋でもっともスペースを取るのは僕の場合本だったりする。図書館で借りればいいのに、つい買ってしまう。これが積もり積もると、すごいことになってしまう。売っても大したお金にはならないし、本当に損をする。また、音楽のCDを買う前にはユーチューブで先に調べておけば、買わなくて済む場合が多い。あと、夜中のスーパーに行くと食料品が半額とかで売られているので、翌日の弁当のためと買うのも節約になる。お金も節約もそうだが、時間の節約も非常に大切なことだ。まずはテレビを見ないことである。ニュースは携帯電話で見ればいい。テレビを見る時間を勉強に当てるだけで、ずいぶんと生活スタイルも変わる。また今はラインやスカイプがあるので、長電話が必要なときはぜひ、スカイプかラインを使うといい。こうやって、日々無駄を無くすということを心掛ければ、月に1万単位で節約できる。ぜひ試してほしい。

凄まじく細く解るイベント

節約する上で、ほんとに概して自分が仮に稼ぎがあってかりに利用があるのか、
生活簿をつけて見る結果省エネルギーにつながるという案件。
でもやはり、それだけではリアルをわかりストレスになる人のほうが大半で、
最初は省エネルギーできても、棄権する奴は多いと想う。
じゃあ節約する上で何が必須かと言うと、
生活簿を塗りつける中で自分が一年中階級いくら用いるかという所を、
把握し責務最低限の生活費をわかることに起こる。
そこから自分が1年にどれだけ使うか計算してみると、
そんなに余裕のある奴が大半だと想う。
毎日毎日を記録し、毎日毎日のこれからのことを考えながら節約するという意見もあるが、
全体をわかり、自分に果してどれだけの余力があるかということを知れば、
心境に残りもできるし、どこをどうして削れば省エネルギーになるかという意見も、
なるだろうとおもう。
こういう全体のトータルを踏まえたところで、一日に自分がどれだけ省エネルギーしようというセットアップを、
見込める。
具体的には、一年中のライフスタイル程度はよく貫くと思うので、
衝動的な支出や、会合を少し燃やすだけで大抵が解決する。
屑も積もれば山中と罹るが、上記の大きな支出が1つ鎮まるだけでも、
階級すれば、毎日の省エネルギーと同じ位の成果が持てるだろう。
まずは全体を解ることから、何ができるか省エネルギーの一歩を練ることが、
効果的な省エネルギーテクニックと当てはまるであろう。

年金生活者には苦しい時代ですので

私は今は、障害者年金と、就労施設からの給料で、一人で生活しています。人生設計が変わったのは、脳溢血で、左半身にマヒが残り、仕事ができなくなったために、人生が、180度変わったといってもよいでしょう。そのためで、デイサービスに通いながら、就労支援施設で、僅かながらですが、給料をもらい、他に、クラウドワークスで、少し稼いでいますが、いくらにもなりません。

それでまづ考えたのが、煙草にお金が掛かりすぎるということに気づいたので、煙草を辞めました、お米は友達の農家から以前から買っていたので、安いの出、おかずも、お金が掛かるの出、スーパーなども、遅い時間井、割引になったものを買いますが、なるべく食材を買って自分で作る様にしています。

そして、今は、歩行困難者なので、車を手放すことはできないので、もう25万Kmも走っている車を 大事に乗っていますが、そろそろ車検も近くなって来たので、考えないといけませんが、お金の計画を立ってなくてはいけませんが、車や山に、友達の友達が居るのでなんとかなりそうです。

今車は、制限速度で走っていますが、これで、燃費もよくなりました、驚きの燃費です、車いすのマークのついた車なので、皆抜かして行ってくれますので、いつも安全運転です。それでも、貯蓄をするまでには、至っていません。

専業主婦になり、随分節約家になりました

この4月から主婦となり、旦那の給料で生活しているため、節約できることは節約を心がけています。まず、旦那も協力してくれていることは食事。1人暮らしの頃は100パーセント外食だった旦那が朝はおにぎりやパンなどを持ち、水筒を入れていってくれるようになりました。

おにぎりやパンは前日に仕込みをしたり、作っておいたりするものなので、それだけでもコンビニで朝食を買うことを思えば節約になっていると思います。また、節約とは少し違うかもしれませんが、お互いの実家が育てている野菜などをなるべく貰うことで、高い時期に野菜を買わずに済みました。そのおかげで食費は月に1万円いかない月もあります。

また、美容室を変えたり、服をあまり買わなかったりと女性としてはどうかと思いますが、そういった省けることはなるべく少なくなるように生活しています。これから子どもにもお金がかかるのでもっと節約しないといけません。

そして、生活全てにかかるお金を計算し、まとめて給料日におろすようにしています。そうすることでその中でやりくりしようと考えるのも節約のポイントの1つだと思います。もしもそのおろした生活費が多く余った時には貯金し、少しだけ余った時には貯金箱にためるようにしています。

せっせとちっちゃな蓄財が大きなお金に

しばしば「真意」と言う備蓄秘訣を耳にする時があります。買いたいなと映る物を買ったつもりで備蓄やる。我が家でも備蓄をしているのですが、買ったつもりではなく買って貯金してある。何かを購入しそこで発生した小銭を貯金していくのです。無論全額という主旨でなく、それはその時の思いやおフトコロ容態しだい。ダメと思えばしなければ良いという姿勢で貯金してある。
こんな見た目大まかとも思える備蓄秘訣ですが、500円専業、100円/50円専業、10円/5円/1円専業とじっくり備蓄ケースは分け月に数回備蓄プライスの確認をしてある。
では備蓄プライスの測定を何で月額しているのかというと、毎度備蓄プライスを見極める結果備蓄やる気を煽るためです。
確かにお金が溜まる足どりをゆっくりとしたものですが、本当にぐっすりお金が貯まってある。そしてそれを探る結果更なるものさしを保ち備蓄を継続する事ができるのです。
こういう備蓄で今までにPCや様子清浄機などを購入しました。しかしそれでも通帳に含めるだけのお金が残っています。通帳に入れる時は当然備蓄ケースが満タンになってからなのでそれなりの金額になっている事はいうまでもありません。
これからも継続していく真意ですが、ちっちゃな影響を見ながら継続していく備蓄、これが我が家の自慢の備蓄秘訣だ。